重力が歪む場所。オレゴンの渦!!次々に起こる不可思議な現象。

空間が歪んでいて、人の身長が変わる?!ほうきが立つ?!

今回はアメリカ・オレゴン州ゴールドヒルにある

「オレゴンの渦(オレゴン・ボーテックス)」を紹介します。

S__13721614 

この建物は1890年にこの地帯の金の含有量を調べるために作られたものです。

しかしこの建物を中心に数々の不可解な現象が起きています。

その昔、先住民たちや動物が決して近づかなかった場所として知られ、

迷い込んだ者は生きては出られない悪魔に呪われた地、

「禁断の大地」と呼ばれていた土地だったのです。

オレゴンの渦で起きる不可解な現象!!

  • ホウキが斜めに立つ。
  • コンパスが回転しつづける。
  • ある場所に立つと人の身長差が変わる。
  • めまいや吐き気を訴える人がいる。
  • タバコの煙やホコリ等、奇妙に螺旋を描くように上昇する。

S__13721615

現在、観光名所となっているオレゴンボーテックスには、たくさんの人々が訪れています。

このような不思議な現象は、強力な磁場の歪みが原因との見解が多いようです。

なぜこうなったか?どうしてここなのか?などの、理由は現在も解明されていません。

解明されてしまった??オレゴンの渦のトリック!!

ここまでオレゴンの渦での不思議な現象を調べてきたが、

以下のようにオレゴンの渦で起こるとされる諸現象は

単なる目の錯覚を利用した仕掛けであるという見方があります。

錯覚を起こすように家を傾けて作り、

植木を斜めに植え替え地面の傾きを逆に見えるように細工したもの。

昔からこの場所にはインディアンとか動物も近づかなったとかいうのも全くの作り話である。

脳が目から入ってくる情報が普段と違えば勝手に普段の状況に合わせて間違った判断をしている。

やはり不思議な現象は科学で説明がついてしまうものなんでしょうか。

オレゴンの渦を初めて知った時はこんなものが世界にあるのか!!と胸をはずませただけに

「目の錯覚」というふうに片付けられてしまうのは少し寂しい気もします。

しかしこの場所が人々を魅了してやまない場所ということに違いはないですね!!

実際にたくさんの人が訪れているんですから!

実際に行って自分の目で確かめてみることをお勧めします。