世界のオーパーツ!ドクロ(クリスタルスカル)は実在した?!その謎と疑惑

数あるオーパーツの中でも一番有名と言っても過言ではないほどの地名度を持つのがドクロである。

アメリカ先住民の伝説によれば、世界には全部で

13個の水晶ドクロが存在していると言われています。

それらが全て集まったとき、

「人類の起源、目的、運命に関する情報、そして生命と人類の謎への解答」

を知ることができ、世界は救われるという話があるんです。

またドクロにはこんな特徴があるそうです。

  • 下から光を射すと、眼窩に光が集中する。(その光を凝視していると1分弱で大半の人が催眠状態に陥るという主張もある)
  • 太陽の光を当てると全体が美しい虹色に光る。
  • ロウソクの炎を当てると神秘的な紫色に光る。

S__13615107 

そこである1つのドクロについて調べてみました。

1927年、探検家のミッチェル・ヘッジスと養女のアンナ

マヤ文明の遺跡を発掘していました。

するとルバントゥンという町の廃墟にあった祭壇の下で、

何か光り輝くものが埋まっていることを発見。掘り起こしてみると、

それは水晶で作られた人間の頭蓋骨だったのです。

アンナは1970年代の後半に、

水晶ドクロをヒューレット・パッカード社へ分析を依頼しました。

結果は、頭蓋骨と下アゴは一つの同じ水晶から作られており、

工具を使った形跡は見当たらないというものでした。

さらには、工具なしでこの水晶ドクロを作った場合、300年はかかると言われています。

1950年代になってヘッジス親子はクリスタル・スカルを世間に発表し、

古代文明の奇跡の遺物として世に知られるようになりました。

このアンナの水晶ドクロも、伝説の13個のドクロのうちの一つだと言われていて、

近い将来すべての水晶ドクロが集められ、

人類が大いなる叡智を手に入れる日もそう遠くはないといわれていたのでした。

ドクロへの疑惑

2008年、今までの説を覆す事実が発覚。
アメリカのスミソニアン博物館で、このドクロの調査が行われたんです。

40年前の調査の段階ではまだなかった技術で、(走査電子顕微鏡)丹念に磨かれた表面の分析が行われた結果。

このドクロは19世紀末に登場した加工機械の痕跡と一致してしまったのでした。

さらにはこのドクロはイギリスのオークションで落とされた事が判明し、その落札者とは探検家のミッチェル・ヘッジスだったのです。

神秘的なドクロの結論

最初にこの話を聞いたときは「13個集まったときに人類・宇宙の謎が解ける?!」

と心を弾ませたが、実際に調べてみるとなんともまぬけな結果で残念です。

インディージョーンズシリーズでもドクロに関するストーリーを描いたものがありましたが

その作品もシリーズ至上最悪でした。

ドクロ関係にいい話はないってことでしょうか。。。

ドクロについてはこの事実とともに話も終わってしまったような気がします。