andymori【小山田壮平】の歌に夢中!!1984,16,光,革命,CITY LIGHT,青い空

2007年に結成され、メンバーを変えながら2014年10月15日に惜しまれつつ解散。

ボーカルの小山田壮平さんが作り出す歌詞やメロディにはいつも驚かされました。

今日はそんなandymoriの歌の中から厳選した歌詞を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

asaking_01-img600x421-1447571750xnkkz82850

1984

ファンファーレと熱狂 赤い太陽 5時のサイレン 6時の一番星

16

祈りを込めて歌うように 神様に会いに行くように

16のリズムで空をいく 明日もずっと空をいくのさ

革命

100回 1000回 10000回繰り返して

伝わらない 届かない想いは

100日 1000日 10000日たった後で

きっと誰かの心に風を吹かせるんだ

わかるかい?砂に書いた文字も石に刻んだ名前も

波と風に消えていくから 今君の手に触れていたいんだ

SAWASDEECLAP YOUR HANDS

教えてくれ これから向かう街のこと 治安と言葉と食事と

教えてくれ こんなにも青い空の下みじめになって歩いて眠るよ

オレンジトレイン

人身事故で君に会えない 乾いた空に響くアナウンス

優しい時間に撫でられながら 諦めながらみつめたオレンジトレイン

青い空

地図に迷い込んだときは思い出して欲しいよ

ジェイサルメールにはドロップキャンディーの雨が降る

歴史は砂の中 僕らは風の中

スポンサーリンク

クレイジークレイマー

そんな目しないで

世界で一番お前が正しいんだよって俺が歌ってやる みんなの前で

CITY LIGHT

車椅子の死刑囚と路上の素敵なイスラエリーと名前なんかない猫といく

バグダットのボディカウント

国旗に包まれたラブリーブラザー

国家とソウルシンガーとファンファーレ

踊ろう夜明けまでGod Bless America

以上!!

andymoriの秀逸な歌詞の抜粋でした!

気になった方は是非楽曲を聴いてみてください!

小山田壮平さんのプロフィールの記事はこちら↓↓↓

小山田壮平のプロフィールと彼女。亡くなったお姉さんとその恋人。

スポンサーリンク