早起きは三文の徳?早起きの4つのコツと習慣!!

仕事の日は「起きなくちゃ!!」という気持ちから起きれますが、

休みの日はどうしてもぐーたら寝てしまいます。

いつも前日の夜には「明日はちゃんと起きよう」としっかりアラームをセットしますが

朝になるといつもアラームを止めてしまい、昼過ぎくらいまで寝てしまうんです。

もし早起き出来てたなら好きなことができる時間が増えるのに…と毎週末後悔しています。

でもそろそろどうにかしたいのです!!

人それぞれ理由はあると思いますが、早起きしたいと思っている人は多いはず!

今回はどうやったら早起きが出来るのか、

コツや習慣を調べていきたいと思います!

c9af1ce5b9a36cd830113537d1e4a53f_s

1、”◯◯時までには起きる”なとど目標時間を定める

もし朝6時に起きたいと思っている方は、素晴らしい!!

あなたには目標があります。徐々にその目標に近づき、あなたの体内に出来上がっているシステムを壊しましょう!

毎日、毎週末、あなたの体内時計に朝起きる時間がしっかり刻まれるまで行ってみてください。

一度覚えると、意外にもその習慣は消えないのです。

2、アラームを15分だけいつもより早く鳴らしてみる

d1f426c58c6e9906611412aefe11437a_s

もしあなたが通常9時まで寝ているなら、いきなり6時に起きたりは出来ません。出来るかもしれませんが、体がびっくりしてしまうのです。何時間か起きてまた眠くなって寝てしまったら何の意味もないのです。

なので通常の15分前、8時45分にセットしてみてください。

次の日は?8時30分です。華の金曜日が終わったからといって安心せず、

土曜の朝もきっちりと前日の15分前にセット。

あなたの目標時刻にたどり着くまで!!

しかし15分ですらキツイ!!と思ったそこのあなたは、

8時45分を2日間、8時30分を2日間と2日刻みで15分早くしてみましょう!

3、睡眠時間をしっかり取ること!!

もしあなたが通常夜12時から朝9時まで寝ているのなら、12時くらいにならないと眠くならないはずですよね。

もし少しでも早く起きるようになったなら、少しでも早く寝なければなりません。あなたの最終目標は早く起きることであって、睡眠時間を減らすことではないのです。

科学的な見解からも、睡眠をよく取った方が朝の目覚めはいいとされています。

また、睡眠時間を今までよりも短くすることも自由な時間を増やす方法です。

人それぞれ必要な睡眠時間は違うようなので、もし減らしても大丈夫なようならその方法もありですね!

4、起きて自分が夢中になれることを見つける

心地の良いベットを離れるためには、それ以上に何か夢中になれる、興奮できるものを見つけることです!!

例えば、朝ごはんを豪華にする、朝から撮りためていたドラマを見る、ペットと遊ぶ…など、「そのために起きよう」と思えることが肝心のようです。

しかし何も浮かばないときもありますよね。。。そうそう毎日起きたら夢中になれるものが目の前にあるわけではないです。

そういうときはただただこの早起きを習慣化することへ誇りを持つことだ…とありました。

5、早起きしたときのメリットを考える

早起きは三文の徳というほどですから、様々なメリットがあります。

ある研究から、早起きする人はそうでない人に比べ成績がよく、

問題解決力に優れ、より計画的に物事を感んが得られるようです。

早起きする人は運動する時間、家族と触れ合う時間、静かにオフィスで過ごす時間が多いです。

早起きする人はより豊かな人生を歩んでいるんでしょうか?

より豊かな人生を歩んでいるから早起きするんでしょうか?

自分で試してみてください!!

6、”早起きする”ということを心の中で準備する。

朝の準備時間を頭の中で行ってみてください。

それはゲームプランを考えるのと同じです。

もしプランがあるのならその瞬間になったときに考えるのではなく、ただ動くだけ!!

決まった時間に外出しなければならないなら、

その前にしなければならない支度は何なのか?

どのくらい時間がかかるのか?考えてみましょう。

準備の時間を合理化するために何かを切り捨てることは出来ないか?

シャワーやコーヒーは本当に必要なのでしょうか?

夜ベッドで眠りにつこうとしているときに頭の中で言い聞かせてみましょう。

”私は明日朝早くに起きる必要がある。5時に起きて、コーヒーを作って、朝食を食べて5時45分までには家を出たい。”

具体的な目標をイメージしながら頭の中で繰り返すことにより効果が出るようです。

早起きまとめ

早起きのコツといっても、はやり一番は自分の強い”意思”だと思います。

結局自分を起こすのは自分です!!

上記で書いたように早起きのトレーニングをすることで、

自分の目標時間に起きれるように頑張りましょう。

私も朝はとっても苦手なのでこの方法を取り入れて自分の時間を増やしたいと思います!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする