小山田壮平のブログ!心に残る名言を抜選してみました。

2017年3月14日火曜日

これこそは

 

昔は「音楽こそ最高」と思っていた。

浅はかな考えだったと思う。

絵描きにとっての絵や書道家にとっての書、小説家にとっての小説がどんなに輝いているものなのか知りようもない。

美はそれぞれの心の中に現れるものだ。

自分を主張することはあるし、時にぶつかることはあっても、人の心の中までは知り得ないのだ、という謙虚さをいつでも持たなくちゃいけないなと思う。

何がその人の中で起こってるのか、想像はできても実感できない。

逆に、人からなんと言われても自分が美しいと感じたものは美しい。

それは人に認めてもらうものじゃない。

そっと心の中に抱いていればいい。

 

2016年12月21日水曜日

無題

善とは、悪とは何かと考え始めると分からなくなる。 

そこが前提としてあって、善い悪いの判断は自分の感覚に頼るもの。 

良いところも悪いところも、自分の中にあるから外にも見つけられるんだ。 

だから、「人を裁くな」 
って言葉は重い 

人を裁くときは自分も裁かれるときなんだ。 
正義に酔ってはいけない。そういう場合じゃない。 

経験で得たものによってしか行動できないのが人間で、それすらまた移ろっていくんだから。

刻みこまなくてはいけない

目的を見失うから卑屈になるし、すべて悪い方向にいってしまう 

望む夢をすべて描ききること 

生きる指針は本当は承認してもらうものじゃないけど 
忘れてしまうから刻みこまなきゃ

2016年4月12日火曜日

おはよう

 
きのうの昼下がりに散歩してたら、近所の川の水面を桜の花びらが流れていくのを見た。

よく見てみると、ずっと上流から途切れることなく流れていく。
きらきら綺麗なんだ。
 
ああ、そういえば、桜が散り始めるこの時期の川ってこうなるんだよなと思い出して、それからぼんやり考えてた。
 
僕たちがこれからどこにいくかはわからない。
 
人生に価値があるとか ないとか
そんなものわかるわけないなって思った。
 
例えば、もう消えてしまいたいって気持ちになってしまった人に向かって
 
人生は素晴らしいんだ とか
 
生きていくってそれだけで価値があるんだよ
 
なんてことは言えないって思った。
 
だけど、人生に価値は無いなんて、そんなことも言えるわけはないよ。僕には分からない。
 
ただ、毎日、毎秒たゆたっているんだ。
 
だから、色々やってみようよ って僕は言いたい。
 
色々やってみようよ。
 
心いっぱいに、できるだけのことを。
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする