andymori小山田壮平のプロフィールと彼女。亡くなったお姉さんとその恋人。

2014年に7年の活動を終わらせた”andymori”のボーカリストだった小山田壮平さん。

j-pop界の天才とまで言われ、その才能は桁違いだと称されています。

今は自主レーベルを立ち上げて活動されているようです。

今回は亡くなられたお姉さんやその事故の詳細、

また小山田壮平さんの熱愛のお相手を調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

小山田壮平さんプロフィール

kako-xnzMb18tWrbZNB8m

名前:小山田壮平(おやまだ そうへい)

生年月日:1984年6月17日

出身:福岡県

出身校:早稲田大学

血液型:A型

2007年に早稲田大学に在学中だった3人でandymoriを始めます。

iTunesの2010年ブレイクが期待できる新人アーティスト10組である、

「iTunes Japan Sound of 2010」に選ばれました。

また、くるりの岸田さんにも

「最近のバンドとは違う。もっと先を見ているバンド」と称されていました。

同じ福岡出身で同い年のシンガーソングライター”長澤知之”とは親友で、

楽曲「ジーニー」の歌詞ではサビで「知之 知之」と名前をはっきり出しています。

最初この曲を聴いた時はその曲のストレートな表現にびっくりしましたが、

本当に仲良しで大好きな親友なんだということがわかりました。

「AL」というユニットを2人で組まれています。

スポンサードリンク

亡くなったお姉さん”小山田咲子”

d0190217_11393730

小山田さんは2005年頃に当時24歳お姉さん”咲子さん”を事故で亡くしています。

お姉さんも壮平さんのように才能豊かで同じ早稲田大学に通っていました。

特に文才に長けており、2013年11月25日には

「えいやっ!と飛び出すあの一瞬を愛している 新装版」が発売されました。

事故は当時旅していたアルゼンチンで起き、自動車事故だったそうです。

車には恋人だった写真家・探検家である石川直樹さんが一緒に乗っていました。

こんなにも才能があり24歳という若さでお姉さんを亡くした

小山田壮平さんのお気持ちは本人じゃないとわからないですね。

そしてお姉さんのために作られた曲が「PEACE」だと言われています。

小山田壮平さんもお姉さんと一緒で感性が豊かで文才があります。

その手がけた楽曲の歌詞に「姉さん 会いたいよ いつでも思ってるよ」とあります。

もう会うことが出来ない大好きだったお姉さんを思って作った歌なんですね。

そう思って聞くとしんみりしました。

熱愛の彼女はいるの??

default_606091daf9305602f8db7cc69578f254

そんな小山田壮平さんの彼女は、Predawnという名で活動する

清水美和子さんという方ではないかという説が一番有力なようです。

清水美和子さんは”和製ノラ・ジョーンズ”と言われるほどで、

柔らかく個性的なメロディーと歌声のシンガー・ソングライターです。

彼女が作る楽曲もまた言葉を選ぶセンスや感性の高さを感じさせ、

そういった点で小山田壮平さんと共通するものがあったのかもしれません。

まとめ

大人気バンドandymoriを解散された

小山田壮平さんのことを調べてみたらたくさんのことがわかりました。

大好きだったお姉さんを亡くしてしまい、

感受性が強い小山田壮平さんにはつらすぎる事故だったでしょう。

そういった人生観を楽曲にすることで儚さやもろさを感じる

素晴らしい曲が書けるのかもしれません。

人々を魅了する楽曲をこれからも作り続けて欲しいですね!!

小山田壮平さんの最新情報!!脱法ハーブを使用し、ASKAと繋がり危ない方向へ?!

スポンサーリンク