不倫した宮崎謙介議員はバツイチだった?!元妻加藤鮎子のプロフィールと離婚原因!

新年早々に不倫や三角関係の話題が多いですね。。。今年はどんな年になるのでしょうか。

そんな下世話な話題の渦中の一人が”宮崎謙介議員”です。

”育児休暇取得”をしておきながら奥さんの出産前に

女性とマンションで密会した疑惑が浮上しています。

もともと”育児休暇”を国会議員が取るということで賛否両論ありましたが、

男性の育児休暇を推奨するような活動をしていながら

裏では不倫をしていたということで大批判されています。

そして宮崎謙介議員は今回の結婚が初婚ではなく既にバツがついていることがわかりました。

今日は宮崎謙介さんのプロフィールや元妻の加藤鮎子さんの経歴について調べていきます。

スポンサードリンク

宮崎謙介議員プロフィール

kako-SskCkytUdwApb2IK

名前:宮崎謙介(みやざき けんすけ)

生年月日:1981年1月17日(35歳)

身長:188cm

体重:85kg

血液型:O型

出身:東京都

出身校:早稲田大学高校・早稲田大学商学部卒業

幼少期は2歳〜7歳までを父親の仕事の都合でフィリピンで過ごします。

大学卒業後には日本生命保険相互会社に入社。

その後は人材育成のベンチャー企業を設立しています。

2012年に衆議院議員に小選挙区で初当選しました。

2015年の12月に育児休暇取得を宣言し、話題になりました。

「休暇を取ることで冷遇されるのではないかということが障壁になっている中、

国会議員が先例を切って育児に参加したい」と当時は発言しています。

またメディアでも妊娠した奥さんへ献身している姿を密着で取材し、

その”イクメン”ぶりを世に示していた。

そんな中のこの”不倫騒動”。

今までの行為が「売名行為だったのでは?」という声も上がっています。

そんな宮崎謙介議員は実は今回の結婚が初めてではありませんでした。

スポンサードリンク

元妻・加藤鮎子議員プロフィール

kako-cRrpcDSm44aaShQv

名前:加藤鮎子(かとう あゆこ)

生年月日:1979年4月19日(36歳)

出身:山形県鶴岡市

出身校:慶應義塾大学

所属:自由民主党

宮崎謙介議員との馴れ初め:

2006年に宮崎謙介さんと結婚。

宮崎さんはこの時はまだ日本生命で働くサラリーマンでした。

加藤鮎子さんの父親は元内閣官房長官の加藤紘一氏で、

いずれは宮崎さんが跡を継ぐと言われていました。

離婚原因:

国会議員を目指していた宮崎謙介さんは妻にサポート役に回ってもらい、

自分を後ろから支えるために家庭にはいって欲しいと考えていましたが、

加藤鮎子さんにそういう考えはありませんでした。

加藤さんは大学時代から議員になることを目指し、

コロンビア大学に留学や議員の秘書などの経験を経て、議員になったので

結婚後も家庭に入る気はなく、夫ともに国会議員になりたかったのでしょう。

2人は2009年に離婚しています。

しかし原因はこれだけでなく宮崎謙介さんの「女性関係」だったとも言われています。

”不倫騒動”で騒がれている今、これも否定出来ないですね。

そしてその後に宮崎謙介議員は同じ国会議員の”金子恵美”さんと交際を始めました。

元妻・加藤鮎子さんと現妻・金子恵美さんが鉢合わせ?

もともとこのお2人は自民党で”マドンナ”と呼ばれるほどの存在でした。

そんな2人がツーショットで座ったとなるとまた話題にもなるんですが、

どうやらそれ以上に問題があったようです。

それが2015年1月29日の予算委員会の委員席で起こりました。

他の議員たちは既に、2人が宮崎謙介議員の元妻・今彼女ということを知っているため

注目を浴びることになったのです。

もちろんこの時の宮崎謙介議員は遠くの席に座って居心地が悪そうにしていたそうです。

それが今回また新たな女性が出てきたということで

国会は宮崎謙介議員の話題でいっぱいでしょう。

そんな現妻の金子恵美さんとの馴れ初めやでき婚・在日韓国人問題についてはこちら↓↓

不倫疑惑の宮崎謙介議員の現妻•金子恵美の馴れ初め!でき婚なの?韓国人なの?

不倫相手の宮沢磨由さんのプロフィールや馴れ初めはこちら↓↓

不倫した宮崎謙介と不倫相手の宮沢磨由!馴れ初めと議員辞職

スポンサードリンク