レヴェナント-蘇えりし者-あらすじとネタバレ!!アカデミー賞は?

2016年4月22日公開の「レヴェナント-蘇えりし者-」

レオナルド・デカプリオがアカデミー賞を取れるのか、

それともまたノミネートだけなのか…話題になりましたね!!

今回は物語のあらすじやキャスト、ネタバレやアカデミー賞

について調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

レヴェナント-蘇えりし者-あらすじ

189761

まず、現代の「The Revenant」ですが、「帰ってきた者・亡霊」という意味。

実はこの物語、実はを基にしているそうです!!

舞台は1820年の初頭アメリカ。

凄腕のハンターで知られているレオナルド・デカプリオ演じるヒュー・グラスの

狩猟チームはネイティブ・アメリカンの奇襲攻撃を受けます。

生き残った狩猟チームのメンバーはボートで逃げ出しますが、

経験と知識のあるヒューは歩いて基地まで帰ること提案します。

しかし先頭を切って歩いていると熊に襲われてしまい、

瀕死の重傷を受けることになります。

チームのメンバーはヒューを担いて帰ろうとしますが、

そこでヒューと因縁のある、ジョン(トム・ハーディ)が反対。

これではチームの足を引っ張るとして、ヒューを殺そうとします。

しかしチームリーダーのヘンリーは、誰かが彼と残って彼を看取ることになりました。

そこでヒューの息子のホークと、殺そうと提案したジョンが残ることに。

ジョンは隙を見てヒューを殺そうとしますが、

息子ホークがなんとか父親を助けようとして殺されてしまいます。

ヒューは命からがら抜け出し、徐々に回復していきます。

息子を殺したジョンに復讐を誓い、大自然の中のサバイバルが始まります。

スポンサードリンク

なんと音楽はあの坂本龍一が担当!!

そもそもこの作品はアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの監督作品。

イニャリトゥ監督は「バードマン あるいは(無知がもたらす奇跡)」や

「バベル」などで注目を浴びました。

その監督が実は「バベル」の時にも坂本龍一さんの楽曲を使用していたようです。

「やっと龍一と協力することができてうれしい。

彼は類まれな才能の持ち主で、私は長年にわたって彼の作品の大ファンだ」

と坂本龍一さんのファンであることを公表しています。

アカデミー賞ノミネート最多12部門!!

レオナルド・デカプリオが4回目の主演男優賞に

ノミネートされたのが話題になりましたね!!

他にも、作品賞、監督賞、助演男優賞、撮影賞、編集賞、

メイク・ヘアスタイリング賞、美術賞、衣装デザイン賞、

音響編集賞、録音賞、視覚効果賞にもノミネートされました。

そして待望の授賞式では、主演男優賞・監督賞・撮影賞3部門を受賞!!

デカプリオは「タイタニック」からの悲願の受賞でした。

おめでとうございます!!

映画の評価は??

アメリカでは1月25日に既に公開されていて、

米映画批評サイトのRotten Tomatoesでは

86%が好きだと評価しているようです!!

撮影賞を受賞したこともありカメラワークや西アメリカの美しさが

際立った作品になっていると好評です。

また海外のレビューサイトIMDbでは星10個中8.3を獲得しており、

こちらでも高評価を得ています。

「21世紀に名作になるだろう」とも言われています。

ここまで評価が高いと期待も高まりますね!!

4月22日の公開が待ちきれません!

スポンサードリンク